Blogブログ

プロが使うハサミとそうじゃないものの違い

Kobe rich laboratory

  

こんにちは

皆さんは前髪など、ご自身でカットされた経験はありますか

他のところはおさまりがいいんだけど、前髪が伸びてきて気になる。。。

前髪だけだし…美容院に行くまでもないよね…

ご自身で前髪をカットすることは、目に入ったりして不快なこともありますから、美容師側からみても仕方のないことかなって思います

ただし、注意していただきたいことがあるんです

  

ということで今回は、

「前髪を作っていらっしゃる方」「前髪を自分で切ったことがある方」必見

ぜひ知っておいていただきたい

『プロが使うハサミとそうじゃないものの違い』

についてご説明させていただきます

『プロが使うハサミとそうじゃないものの違い』

さて、ここからが重要なのですが、

お家でカットされる時、どんなハサミを使っていますか

髪を切るためのハサミならまだしも、工作用の紙を切るハサミでカットしているという武勇伝もしばしば耳に入ってきます

ですが、ちょっと待ってください

どんなハサミを使ってるかによって仕上がりがとっても変わってきます

  

美容師が使っているハサミ✂

≪ プロ用のシザー(ハサミ) ≫

ご存知の方もいるかもしれませんが、私たち美容師が使っているハサミはとても高価で、1本 10万円 以上するものを数本所持し、目的に合わせて使い分けています。

もちろん切れ味はすばらしく、髪に余計な負担がかからないように定期的にハサミをメンテナンスに出したりなど、常日頃から配慮しています
↑↑ ここ重要です

切れ味がともなわないハサミで髪をカットした場合、髪を押しつぶすような感じで切れるので、カットされた髪の断面がガタガタになってしまい、枝毛ができてしまうんです

  

お家でカットするときの注意点

もっとも注意していただきたいのが『すきバサミ』でのカットです。

間引くように髪が切れる すきバサミ はカットラインが出にくい(失敗しにくい)ことから、前髪を切るのに使用されることが多いみたいですが、通常のハサミよりも開閉回数が多くなることから、毛先が切った直後から枝毛なんてことが多々おこります

じゃあ散髪用のハサミ✂ならいいの

なんでもいいわけではありません。
特に100均の散髪用のハサミ✂は絶対に使わないでください!

大切な髪が痛んでボロボロになってしまいます

できれば文具バサミではなく、散髪用のよく切れるハサミを用意してもらうことで、余計なダメージやトラブルを避けることができると思います。

ご自身の前髪だったり、子供さんのカットだったりとご家庭でハサミを使う機会もあるかもしれませんが、充分注意していただけると私たち美容師としても安心できます。

  

まとめ

≪ 前髪はお顔の額縁 ≫

ヘアースタイルは「お顔の額縁」であり、前髪は重要なパーツになります

初めてお会いした方だと第一印象を決めるものだったりもします。

セルフカットをするときは、なるべく良く切れるハサミを使うことで、枝毛だらけで髪がおさまらないなどの失敗を防ぐことができます。

美容師さんが使っているようなハサミは高価で手が出ないでしょうから、せめて口コミなどで「切れ味のいい」ものを選ぶことをオススメします。

\ Amazon 売れ筋ランキング 散髪セット1位 プロ美容師総監修のセット /

  

大切なイベントがあるなどの場合は、お顔の形や髪のくせを理解しているプロにお任せするのがいちばんです

お店の予約状況にもよりますが、10分程度で終わりますしスタイリングのコツなどもお伝えしています。

当店ではヘアースタイルのメンテナンスとして 【前髪カット ¥550】のメニューもあります!

お時間もかかりませんし、ぜひご活用ください

Kobe rich laboratory

  

では、今週も皆さんがHAPPYに過ごせますように

  

今回も見ていただいて誠にありがとうございました。

情報がよかった・役に立ったと思ったら、
励みになりますので、是非また覗いてくださいねd(ゝ∀・*)

リーベンデールではLINE@のメルマガも配信しています。
是非 LINE@も登録してください!

是非 LINE@も登録してください!

お友達にもこのLINE@のメルマガを紹介してくださる方はQRコードからか、こちらのリンクから ➔【リーベンデール公式LINE@】友達登録よろしくお願いいたします

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事