Blogブログ

市販のシャンプー、美容室のシャンプーの違い

こんにちは

突然ですが、皆さんはアボカドって好きですか

森のバターと言われ栄養価が高くて美容にもいいとされています。

女性の間では大人気ですし、私も大好きです

実はこのアボカド、食べられるのは人間だけで、

他の動物に与えると【毒】になるって知っていましたか?

アボカドには「ペルシン」という成分が入っていて、人間の身体に入ったら無毒化されるのですが、

動物にはその機能が備わっていません

美味しいからといってペットに与えないようにしましょうね

 


 

皆さんは自分に合うシャンプー剤が見つからない…

市販のシャンプー剤ってどうなんだろう…

このように思った経験はありませんか?

 

そこで今回は

「市販のシャンプー、美容室のシャンプーの違い」

ついてお伝えしていきます

 

シャンプー選びは、お顔で言うと化粧品のように、

髪や頭皮にとってとても大切なものです。

とは言っても、どういったシャンプーを使えばいいか、悩む方も多いと思います。

まずは市販のシャンプーと美容室のシャンプーの違いを知っておくことで

自分に合うシャンプーを見つける糸口になります

 

そもそも市販のシャンプの役割って何

市販のシャンプーは万人に使ってもらえるよう浅くひろく作られていて、

美容室のシャンプーは悩みや髪質によって選んでもらえるよう、深くせまく作られています。

市販のシャンプーは髪や頭皮の汚れを落とし清潔に保つことが本来の目的として

作られていますので、基本的に洗浄力が高め(強め)になっています。

脂性肌の方でも清潔に保てるように作られているわけです。

デメリットとしては髪や頭皮の悩みを解消することができません。

また人によっては洗浄力が強すぎて髪がパサついたり、カラーの色持ちが悪くなったりすることがあります

 

それと、市販シャンプーの各メーカーが特に力を入れるのが広告宣伝活動

これを忘れてはいけません。

・自社のシャンプーにいいイメージを持ってもらうためのテレビCM

・商品棚に並んだ時に目立つボトルデザイン

・どれだけコストを落として安く提供できるか?

など、『シャンプーの品質よりも、多くの人に買っていただくためにはどうすればいいか?』

というポイントを重視して作られているのが市販のシャンプーです。

 

美容室のシャンプーの役割って何

一方で美容室のシャンプーは、ひとりひとりの髪の悩みの解消や髪質に合わせて作られています。

髪や頭皮の汚れを落とし清潔に保つことはもちろんですが、

髪や頭皮の補修までしてくれるなど、深いところまで役割を担っています

ですので万人向けではなく、それぞれの悩みや髪質によって選んでもらうようになっています。

悩みとしては、傷み・乾燥・くせ・フケ・抜け毛 などが挙げられます。

あなたに合ったシャンプーを美容師さんと一緒に選ぶといいですね。

市販のシャンプーは種類が多く感じると思いますが、
美容室のシャンプーは髪の悩みに合わせて作られているので、種類は市販のものよりもっと多いです

 

↓↓ 【天然のアロマの香り!髪にやさしいアミノ酸系シャンプー しっとりタイプ】 ↓

↓↓ 【天然のアロマの香り!髪にやさしいアミノ酸系シャンプー さっぱりタイプ】 ↓

いかがだったでしょうか。

自分の「得たい結果はなにか?」でシャンプー剤を選んでもらえればと思います。

参考にしてみてください

 

では、今週も皆さんがHAPPYに過ごせますように

 

今回も見ていただいて誠にありがとうございました。

情報がよかった・役に立ったと思ったら、
励みになりますので、是非また覗いてくださいねd(ゝ∀・*)

リーベンデールではLINE@のメルマガも配信しています。

是非 LINE@も登録してください!

お友達にもこのLINE@のメルマガを紹介してくださる方はQRコードからか、こちらのリンクから【https://lin.ee/jdU53Ll】友達登録よろしくお願いいたします

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


関連記事